僧帽筋上部繊維 || ひどい肩こり・首こり専門整体

重症肩こり・首こり専門整体
重症専門肩こり・首こり整体
LINEで予約電話で予約
ホーム > 首こり・肩こりについて > 僧帽筋上部繊維  :サイトマップ

僧帽筋上部繊維

肩こり・首こりの原因となる筋肉:僧帽筋上部繊維

僧帽筋上部繊維
僧帽筋上部繊維を痛めるとどんな症状になる?

首の痛み

頭を動かすとき、特に後ろに傾けるときに痛みを感じる場合があります。

肩の痛み

肩の周囲が痛む場合があり、特に腕を上げる動作で痛みが強まることが多いです。

頭痛

頭の後ろ側に痛みが出る場合があります。

可動域の制限

首や肩の動きが制限される場合があります。

疲労感

損傷した筋肉は適切に働かなくなり、その結果として疲労感が生じる場合があります。

僧帽筋上部繊維について

僧帽筋上部線維は首を傾げる、振り向く、そして肩甲骨の挙上、顔を上に向けるなどの重要な動作を担っています。日常生活での基本的な動作から、スポーツや専門的な活動に至るまで、多岐にわたってその機能が求められる筋肉です。健康な僧帽筋上部線維は、快適な生活を送るために欠かせない部分であると言えます。

起始 後頭骨
停止 鎖骨の外方 1/3
支配神経 副神経
僧帽筋上部繊維はどんな働きをする?

頭部の側屈と回旋(首を傾げる・後ろを向く)

側屈:首を左右に傾げる動作
回旋:後ろを向く動作(左右)

肩甲骨の挙上

肩をすくめる動作など、肩甲骨の上方への移動。

首の伸展

うがいなどで、上を向く動作。

日常生活でどんな時に筋肉を使う

頭部の側屈と回旋

電話を耳に当てる動作、交通の安全確認時に頭を回す動作。

肩甲骨の挙上

何かを棚から取る動作や、重い荷物を肩にかける動作。

首の伸展

上の方にある信号や看板を見る動作や、うがいなど。

痛くなる因子

過剰な使用

特定の動作の繰り返しや重い負荷により筋肉が過度に使われると、痛みを引き起こす可能性があります。

不適切な姿勢

長時間のデスクワークなどでの前かがみや巻肩の姿勢や、肩の力みが肩甲挙筋に過剰なストレスを与えることがあります。

僧帽筋上部繊維に対する施術

僧帽筋上部繊維の血流と滑走性の改善

僧帽筋上部繊維は首の側屈や回旋など、首の動きに大きく関与するため、筋肉同士の滑走性を改善することにより円滑な動きを取り戻し、そして血流の改善により肩や首の不快感を改善します。

<< 戻る